​about Photographer

小川 美樹   
Miki Ogawa

・大阪市出身(2017年春、島根県松江市に移住)

​・3人の子供の母親(娘1人、息子2人)

​大阪市で生まれ育った三人姉妹の真ん中。

小学生の頃から絵を描くこと、何かを製作することが好きでした。

もちろん、カメラは子供の頃から興味があり、親のカメラ、使い捨てカメラ、フィルム一眼レフ、ミラーレスデジタル一眼、デジタル一眼レフ‥

​その時その時の風景や人を撮っていました。

3人目の子供の育児が少し落ち着いてきた頃、長らくの夢だった写真教室に通うことに。

大阪72WEST写真教室にて撮影を学びました。

その後、縁があり島根県松江市に移住し、Photo AnYoをスタートさせました。

また、ニューボーン撮影を習得するため、

沖縄「UMARE」さんのオンライン講習、京都「coco b. sweet」さんの個人講習を受講し、ニューボーン撮影に関する知識と技術について学び、現在その技術を磨いている最中です。

自分の子供たちのニューボーンフォトに関しては、知識や技術よりもまず存在自体を知りませんでした。

まだ日本では存在自体が知られていなかったり、メニューにしているスタジオもごくわずかだったのだと思います。なので、どうしてもニューボーンを撮りたい!!という思いは、自分の撮れなかった後悔もあるのかもしれません。

新生児の時期はもちろん、マタニティ期、ベビー期も人生においてはほんの一瞬。

幸せな時間を1枚でも多く、形として残せたらと日々願っています。

子育てと写真への思い

本当に子育ては大変で、時には孤独です。私は常々、「育児ってなんて孤独だろう」と思っていました。

子供は可愛いし、幸せなはずが、漠然と孤独感を抱いていたのです。

特に1人目の産後は、すべてが初めてで不安な上に、おっぱいは出ない、おしりはかぶれる、湿疹はできる‥

いやおうなしにトラブル続き、何気ない言葉に勝手に傷ついたり気分が沈む。。

ダメな母親だと自分を責め、泣き止まない子供と一緒によく泣いていました。

3人の子育てをしてみると、初めてのことなんだからそんなの当然!適当でも育つ育つ!と開き直って言えますが、当時の私は当然そんなことはわかりません。精一杯だったと思います。

ですが、時は過ぎ、お宮参り、1歳の記念‥スタジオで撮ってもらった写真を当時はじっくり見る時間がなくても、数ヶ月、数年経って見返すと、なんて可愛いんだろう!こんなに小さかったんだ!と感動しました。

とりあえず記念に撮ってもらったかもしれない写真でも、とても大切な思い出になります。

もちろん自分で撮るのは、普段の子供らしい姿も撮れますし、私はスマホ写真も大好きです。

でも、もしご自分も一緒に記念写真を撮りたい、特別なシチュエーションでとご希望される場合は、ぜひお声掛けください。

Photo AnYoでは、1日1組様限定で撮影をさせていただいています。

お子様の機嫌が悪い時は、遊びながら様子をみて、お父さんお母さんとは子育てなどの話をしつつ、穏やかな雰囲気の中、撮影させていただきます。

小さなお子様の撮影となると、色々気遣いや不安もあるかと思いますが、事前に打ち合わせし、当日はお子様のペースで進めていきますのでご安心ください。

ご質問などもございましたら、お問い合わせフォームよりお気軽にご相談くださいませ。

 

Photo AnYoの写真が、たくさんの方の笑顔に繋がりますよう、精一杯撮影させていただきます。

Photo AnYo

​小川 美樹

 

Photo AnYo

​ふぉと あんよ

〒690-0823 島根県松江市西川津町

E-mail: info@photo-anyo.com

© 2018 Photo AnYo